FC2ブログ

記事一覧

春の読書週間始まる 「 極夜行」

3月にNHKのEテレで放送されていた極夜行。極夜とは、北極圏で一日中太陽が出ない真っ暗闇が数ヶ月続く北極圏の日々のことです。朝も昼も来ない、一日中夜ってことですね。探検家・作家の角幡唯介さんが極夜の北極圏を犬1匹とソリを引いて旅をしました。旅というにはあまりに過酷な旅。想像を絶します。GPSを持たない角幡さん、初っ端から頼りにしてた六分儀無くします。夏の間にデポしておいた食料はシロクマに奪われてしまい、食料欠乏。痩せ細っていく犬を食料にしようとするまで追い詰められます。「うわぁー スゲェ」って思って、そのうち出版されるのかなーと思っていたら、すでに出版されてました。早速アマゾンでポチッととして読み始めました。

Eテレでは、ホントに光の無い真っ暗闇の中を行く様子が映し出されていました。4ヵ月ぶりに太陽が昇るシーンではとても感動的でした。が、追い詰められた角幡さんは途中で撮影機材を捨ててしまいました。

そんな話を読んでます。
20180428202229e12.jpeg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント