FC2ブログ

記事一覧

冬から春へ 雄阿寒岳南尾根ルート

冬の雄阿寒岳を登るルートは南尾根。昔、登山道があった尾根です。今はほぼ排道なので道標はありません。
今回で3回目の冬の雄阿寒岳。一度目は先輩といっしょだったけどルートを見失って、森林限界を出て夏道との合流点までで時間切れ。2度目は単独行で頂上に立ったものの、極低温でテルモスやボトルのキャップが全て凍り付き、水分補給できなくなるという事態が発生。毎回失敗続きの雄阿寒岳。登るのは毎回2月の厳冬期だったけど、今回は3月。例年よりだいぶ早めの雪解けが進んでいて寒さは気にならない。おまけに今回は仲間2名がいっしょ。冬の単独行だと、いつも追い詰められる感がハンパないのですが、もう3月だし、仲間がいると気持ちも楽ちん。懸案事項は2人とも「アイゼンが無い人」。なので、山頂まで行けないかもね、でも行けるとこまで行ってみようって感じで出発。たぶん、阿寒湖が見える森林限界までは行けるかなっと思ってました。
天気は曇り。おまけに昼から雪降りの予報。でも登るにつれて運よく晴れて青空が広がりました。森林限界付近からきつい斜度と深い雪に手こずったけれど、何とかスノーシューで山頂台地に。
そこは、もう、絶景~昨日降った雪が風で飛ばされ凍り付き、台地は一面エビの尻尾だらけ。エビが100万匹(?)くらいいる感じの景色でした。
晴れ間が期待できなさそうな天気でも「一瞬でも晴れればいい」、よほどの悪天候でない限り、そう念じて山に登ります。もちろん晴れない事の方が多いけれど、ほんの一瞬、脳ミソに焼き付くような絶景に出会えたりします。特に冬はね。
山頂からはグルっと360°、視界は良好。気温-10℃、陽射しは暖かくもう冬も終わりです。下山を始めて森に降りてきたら雪がっ降り始めました。すべてのタイミングが合って、イイ山でした。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント